田舎のクラング
田舎のクラング
オイロダインの力に魅せられ愛聴してます。 ソースはアナログがメイン。 以前はアマチュア無線.登山を、最近は100低山、カメラは フィルム時代から今も愛好してます。 音楽を聴いて頭のクリ…

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

田舎のクラングさんのマイルーム

音楽とオーディオを楽しむ

コメント


[:image7:]2020/12/01現在の装置
アナログ好きで懐古趣味に漬かった趣味人です。

KlangFilm Eurodyn KLL439 ドイツ製
アルニコ(後面開放型Box)のスピーカを愛用。
瞬発力、立ち上がりが良好、高能率です、機器の性能モロ出です。
厚化粧の音はなく、当然ソース音がストレートに、機器の焦点が
合うとゾクゾクする生っぽさが現れます。

良い音を求め長いこと機器の交換を繰り返してきました、
交換する度音は変化し歪感は減ってきます、ですがどうも感銘が薄く
どこかが不足してる?長く考えを巡らしてきました。

オーディオ始まりから間も無く部屋の響きが重要なことは考え着きましたが
いざ実行となりますといろいろと障害が重なり簡単には進みませんでした。
やっとの思いで15年前に念願のルームを築きました。

約15畳の広さですが大型SPには横幅が狭く直接波と1次反射音の
時差がなく音の干渉によるカラーレーション、広がり感の少なさが、
再生の限界を感じてます。(横使いがベストと思いますが諸事情で縦使いに)
寸法比は具合よく定在波の偏在防止比率になってます。

悪影響の・ブーミング・フラッター・定在波・対策に試行錯誤?
最近は上記悪玉が薄れ満足する響きになってきてます。又、定在波には
アンクが有効と感じ導入をし自作も合わせ併用しています。

2020/06/12現在
夜間聴取は灯りを落とし、気分に乗った曲で癒しを。
壁灯、部分スポットが陰翳のある響きを醸し出してます(^。^)

2020/06/30
部屋の改装を重ねる度、感じることは。
“音楽は・部屋という楽器の響き・を聴いている"……と気付かされます。

本物って?。毎晩自分の部屋で聴き馴れてくると、コンサートの生
演奏が自分の部屋の音より感動が薄く感じられる時に出会います?
錯覚なのか私の聴き方が間違ってるのか?。

”本物って”一体なんなのか私には良く判らないことがある。

所有製品

  • KLIMAX DS/1
    ネットオーディオプレーヤーLINNKLIMAX DS/1

詳細情報

  • 所有形態 : 持ち家(戸建)
  • 形態 : 専用室
  • 種類 : オーディオルーム
  • 広さ : ~14畳
  • 防音設備 : 防音あり
  • スクリーン : なし
  • スピーカー本数 : ~2ch