マイルーム

リビングと兼用
リビングと兼用
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
12畳ほどですが、長い方の壁にフロント・スピーカを置いています。 SACD/CDプレーヤ=ソニーSCD-XA9000ES; フロントスピーカ=ダリHELICON300 (マランツPM-11S1…
所有製品
  • サブウーファー
    TANNOY TS10
  • スピーカースタンド
    山本音響工芸 DKS-60
  • スピーカーシステム
    ADAM HM1
  • プリメインアンプ
    MARANTZ PM-15S1
  • SACDプレーヤー/トランスポート

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

プロフィール

何も聞こえなくなったさん
クラシック音楽ファンです。演奏会へ行くのと、家でメディアを聴くのと力の入れ方は半々でしょうか。家で聴くのはSACDをマルチチャンネルで聴くというパターンがほとんどです(ステレオ音楽はPCオーディオで聴いています)。ただ電源と部屋の音響を最適状態にしておくことが先決なので、そっちのほうを奮闘中でしたが、なんとか落ち着いて聴ける状態になってきました^^)。

うちの装置の特徴は、5.1chチャンネル対応、リビング・ルームを使っている、無指向性スピーカー+小型のサブウーファ、音響パネル「凛」などでルーム・チューニングをしている、ウェルフロートゆらゆらスピーカーボード、全機器に個別にダウントランス(200V→100V)を使っていることです。

良質なコンサートホールで生演奏を聴いているような透明感と純度、音像が浮かぶイメージを再現することが目標です。オーディオファンが喜ぶ濃厚な太い音は「あったらいいな・・」の目標になります。

このような、ワイドレンジで部屋中に満ちわたるような、クラシック音楽再生に特化した音響ですが、興味をもたれた方は、ホームページをご覧ください。

☆SACD/CDプレーヤ=ソニーSCD-XA9000ES;
☆フロントスピーカ=奈良県の地場産業(*)が作った無指向性スピーカーGARA (マランツPM-11S1で駆動);
☆リアスピーカ=アダムHM-1 (マランツPM-15S1で駆動);
☆センタスピーカ=スキャンダイナ・ドロップ(マランツPM-15S1で駆動)

(*)http://www.kagioka.co.jp/k-gara/

#そのうち5本とも地場産業製・無指向性スピーカーで揃えるつもりです。
  • 性別 : 男性
  • 年齢 :
  • 職業 :
  • 家族構成 :
  • 都道府県 : 奈良県
  • 好きなジャンル
    オーディオ
  • ホームページ/ブログ : http://web1.kcn.jp/haruem/