試聴記
試聴記

マイルーム

                                                                                                                             
                                                
                              
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

DP-800
ACCUPHASE
DP-800
¥997,500(税込)
発売:2006年12月中旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アキュ待望の自作メカ搭載のトラポ

DP800+DC801は昨年にDP-85から買い替えました。自宅試聴して大変驚きました。85のサウンドには不満もなく、これになにを改良するのよと言う感じで疑っていました。
が、恐らく聴いて10秒位で、購入を決めていました。
あの85が800+801では全く比較になりませんでした。具体的に言うとスピーカーが消えます。広がり感が異常です。シンバルのシャン、シャンという音に力がある、トランペットの音が痛い、ベーズがゴリゴリ、ヴォーカルの表現力に恐怖を覚える、それとハイブリットではマスタリングにもよりますが、これ程SACDの優位性を証明するものもないかな、と思いました。
諏訪内晶子の「ポエム」のSACDのヴァイオリンがこんなに繊細で表現力に溢れていたのかと800+801を聴くまで知りませんでした。このディスクは、XA777ESとDP-85と2機種で聴いてきましたが、ハッキリ言って「CDと大して変わらないな」と思っていました。
しかし、800+801で聴くSACD層では、弦のこすれる音や潤い、空間に広がる様子などで、CD層とは決定的に違いがあります。DP-85で聴くSACDはVHS、800+801で聴くSACDはブルーレイディスク。これ位、繊細さの表現が違いました。800+801はどことなくオルトフォンのカートリッジのイメージに近いものがあるかもしれません。キレの良さより濃い音楽を聴かせてくれます。

あと、DP85とDP800の音の差について。
自宅試聴の時に、両者の違いについても試聴しました。

DP85+DC801 これだけでも、大幅な変化がありました。やはり、音が滑らかになり、
広がり感がでできます。
DP800+DC801 音色は、DP85から大きな変化はありません。しかし、大きな違いは、
       両エンドの充実ということでしょうか。低音のゴリっという感じや
       シンバルや、ホールトーンのような微細な音の骨格等は、実はDACではなく
       トランスポートのメカからの影響ということがわかります。

*デジタル出力端子の保護キャップは、外した方が音質的に有利でした。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●適合ディスク:2chSACD、CD ●読み取り方式:非接触光学式 ●レーザーダイオード発光波長:SACD用650nm、CD用780nm ●デジタル出力:HS-Link、COAXIAL ●消費電力:18W ●外形寸法:477W×156H×394Dmm ●質量:26.6kg