「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
MagicDragon
MagicDragon
「音楽をおもちゃにしない」。音楽を置き忘れたオーディオはやりません。

マイルーム

全ては音楽の為
全ては音楽の為
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
基本的に自然で耳障りの良い音が好みなので、機器選びもそれなりです。2チャンネルとマルチチャンネルのシステムを2系統構築していて、主にクラシック音楽を中心に聴いています。マルチチャンネルの表現力…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

HELICON 300
DALI
HELICON 300
¥420,000(税込)
発売:2004年
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

独特の味を持つスピーカー

オリジナルのDALI HELIKON 300です。ブックシェルフ型ですが、奥行きが大分あり大型のスピーカースタンドを使用しないと不安定になるので注意が必要です。専用スタンドは高価で、セットで買うと上位のHELICON 400が買えてしまいそうな値段になるので、ブックシェルフ型である必要が無ければHELICON 400を導入することをお奨めしたいです(だから400の方が売れているのかも?)。

我が家のHELICON 300はローズナット仕上げです。キャビネットは光沢のある高級感のある仕上げで、この辺は北欧デンマークの優れた木工技術を堪能できる部分です。ローズナットの色は深みがあり、光線の具合によって様々な色に変化し大変美しいです。昼間は赤く輝き、夜はほとんど黒に沈み込むその色は奏でる音楽に合わすようで趣があります(私は昼と夜の選曲が大分違うのです)。

HELICON 300は2基のツイーターを持つ珍しい構成です。ドーム型ユニットは3kHzからの帯域、リボン型ユニットは10kHz以上の帯域を担当します。中低域は16.5cmの紙パルプとウッドチップがブレンドされた材質を使用しているようです。

音の傾向ですが「重い、暗い、渋い」という形容がぴったしだと思います。雨の日に合いそうな音色を奏でます。とてもクセのある、言い換えればは味のある音。全体的な傾向は重心が重く、低域が膨らみセッティングを詰めないとブーミーにさえなります。ツイーターが2基搭載されているスピーカーですが、意外にもバイオリンなどの高域が多少引っ込んだ印象があります。ただし、聴き疲れをするようなスピーカーではないので、ゆったりまったり聴くには良いと思います。

私はクラシックを主に聴きますが、他のブックシェルフと同様、結論から言うと大編成のシンフォニーは不向きです。守備範囲は室内楽やボーカル。また、そのふくよかな音はチェロをとても魅力的に鳴らします。

インターネットの評判ではHELICONは全般的に弦の音が美しい、クラシック向きだ、という意見が多く聞かれますが、大きな編成の曲、あるいはバイオリンの音に非常にクセがあり、HELICON 300に限った話ですと個人的にこれらの評判には賛同していません。個人的な使い方としては、夜に小音量で小品を聴いたりボーカルを聴いたりという感じです。低音が豊かに鳴るので小音量でもバランスが崩れず、とても落ち着いた空間を表現できるからです。

多少辛口ですが、そういうスピーカーなのだと割り切れば良いスピーカーです。

レス一覧

  1. byFCA at2008-10-27 13:04

    詳細なレビューお疲れ様です。読み応えありましたよ。
    1枚目の写真、良い雰囲気を醸し出していますね。
    右のラックや棚より少し暗く、左の棚よりは明るくて明るさ・色合いのグラデーションが見事です。

    スピーカー選びの際、HERICON 800も候補に入れて試聴しました。音的には良かったのですが、奥行きが大きくて狭い部屋には無理だなと思ったことを思い出しました。HERICON 300も800ほどではないけどやっぱり奥行きがあるんですね。

    低域過多でブーミーと言うのはYAMAHA Soavo-2で体験しました。ブックシェルフはあまり低域を欲張らない方が良い感じですね。

  2. byMagicDragon at2008-10-28 11:35

    >FCAさん

    レスありがとうございます。
    ヘリコンの造りは気に入っています。ローズナットも悪くないですよ。我が家の家具はチェリーが多いのですが、特に違和感も感じません。ヘリコンは奥行きが大きくてスペース的に余裕が無いと使い辛いかと思います。800なら尚更ですね〜。ブーミーさは「それがヘリコンの味だ」と言えばそれまでですが、ポップスやジャズは良いとしてクラシックでは違和感を感じるソフトが多いです。

  3. byさもえど at2008-10-28 12:38

    ポイントを押さえたレビューありがとうございます。(^^♪

    う~~ん、音色は違いますけど、ウチに向いてそうな・・・。
    家具の一部としても違和感無さそうですし、聴いていて疲れにくい・・・っていうのが、個人的には重要ポイントの一つ。

    ただ、低域がブーミーなのは気になるかなぁ・・・。
    味として見るか、上手く活かす方向で考えるか・・・難しいトコですね。^^;

  4. byMagicDragon at2008-10-29 11:21

    >さもえどさん

    レスありがとうございます。
    このスピーカーは聴き疲れはしないタイプですから、良質なBGMスピーカーとしてはとても良い出来だと思います。低音が豊かですから小音量でも低音が聴こえますし。音量を多少上げた時にソースによってかなりブーミーになりますが、そういう時はトーンコントロールで少し調整すればバランスが良くなります。これはセッティングの影響もあると思うので、あくまでも一般論です。でもブーミーではあっても安っぽいブーミーさではありませんし、クラシック以外の音楽では反対に音が豊かで良い印象も受けます。クラシックはどうしても「本物の楽器の音」が存在するので、それから離れると違和感を感じてしまうんですよね。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●形式:3ウェイ3スピーカー ●ユニット:165mmコーン型ウーファー、25mmソフトドームトゥイーター+10×55mmリボントゥイーター ●周波数特性:37Hz〜27kHz(±3dB) ●クロスオーバー:3.4kHz/13kHz ●入力感度:86dB(2.83V@1m) ●インピーダンス:4Ω、最小 4.3Ω ●推奨アンプ出力:50〜200W ●外形寸法:208W×435H×356Dmm ●質量:9.8kg