ピロリ
ピロリ
Main systemとしてAll Linnの2chおよびLINNを中心としたMulti CHでシステムを組んでます。以前使っていたMusical fidelity A3.2CR Pre+ Power…

マイルーム

LINN Muti CH Systemを中心とした色んなSystem
LINN Muti CH Systemを中心とした色んなSystem
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
随分メンテしてなかったので一部機材入れ替わりました。 ************************************************************ Main S…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

レビュー/コメント

SCB-CS50D
TAOC
SCB-CS50D
\28,350(税込)
発売:ー
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

SPの足回り強化

以前の記事で、SPの足回りについて、いろいろ教えて頂きましたので、早速TAOCのボードを導入しました。

まず、最初の印象は、この程度??と行った具合で、劇的に変わるといったことはなかったです。やはり、コンクリートのベタ基礎の上に、固い強化塩ビの床材ということで、実はそれなりに床がよかったのかなって感じですが、若干低音が締まり、高音の広がりや響きが良くなった気がします。以前の大理石のボードとは大違いです。

折角なので、いろいろ試してみました。以下、ボードとインシュレーター(M1とアコリバのもの)の組み合わせです。
ボードなし+M1をベースに、しますと、

ボード+M1:これは最低で、高音が濁ってしまって全然だめでした。
ボード直刺し:これは、以前に比べ、高音が非常に広がって、響きがよくなります。ただ、好みとして、もう少し、高音を締めたかったので、以前使用していたアコリバのインシュレーターを試してみました。
ボード+アコリバ:直刺しに比べて、若干高音が締まって、結局これに決まりました。

床に直接置いていたときにはM1が一番良かったのですが、今回は駄目でした。やはり相性でしょうか?遊ばしておくのはもったいないので、セカンドシステムのハーベスHL Compactのベースとして、ビー玉+M1で受けましたが、これがなかなかよくて、M1は今はHL Compactの下です。人それぞれの環境がありますので、一概にはいえませんが、私の環境では以上のような感じでした。

レス一覧

  1. by 音楽大好中年 at2008-05-01 17:31

    初めまして、ピロリさん。床がベタ基礎ですか。

     意外と床がコンクリ-トでも、スピ-カ-の設置難しいでしょう。私も、実家にいたころは、床全面コンクリ-トでした。
     当時は、(27年前)JBL D130+175DLH+075
     でマランツのPRIとMAINで鳴らしていました。
     その時は、床のひびきが、全く無いため色々とやってみたのです が、納得する結果は、でませんでした。(友人などは、スピ-カ-
     の台だけを地面から打ちっぱなしでコンクリ-ト台を
     作ってました。 AUDIOの好きな人は、昔から結構やってますね。ただ私の場合は、SPの振動ではなく、響きがほしいので
     新築の家は、SPおよび機材の置き場は、普通の防音床に
     してます。 ただし、床補強は、通常の3倍は、やっています。
     今でも、SP関係だけで400kg機材関係だけで、200kg
     が4畳の広さに集中してますから。

     せっかく、めったにできない経験ですから色々とやって
     会員のみんなにフィ-ドバックして下さい。
     これからも、宜しくお願いします。

  2. byピロリ at2008-05-01 18:33

    音楽大好中年さん、はじめまして。

    通常の住居ではないので、床がベタ基礎といっても、その上に強化塩ビの白木のフローリング調の床剤を全面にはっているので、そんなに響きは気にならないです。吹き抜けで天井高が約5mあって天井はリム付きの音楽室で使うような吸音材(業者が間違ってリム付きにしたみたいでラッキーでした)ということもあり、響きに、そんなに神経質にならなくてもよさそうです。

    現在の自宅はリビングにIntegraの安いAVシステムですが、新居の設計を今、やっています。といっても設計事務所やハウスメーカーでコンペ予定でまだまだ、先の話ですが・・・
    その際には、SPのベースの床はきっちりしておかないとダメだなーと痛感しました。

    音楽大好中年さんのところは、最近、電源系もいじっているようですね。電源系も現在20Kgくらいのオーディオ用ではない業務用の電源トランスを入れたときには、ずいぶん音がすっきりしたのを覚えています。まだ先ですが新居では、設計時にアースや床もきっちりしたものにしたいです。

  3. byがたきち at2008-05-02 03:54

    こんばんは、ピロリさん。

    TAOC SCB-CS50D導入おめでとうございます。
    良い結果が生まれたようで何よりです。

    わたしも今、新居に向けての設計をうちの会社の設計担当としているんですが、わたしのオーディオルームだけあれこれ葛藤しています。
    わたしの会社は鉄骨プレハブ住宅のメーカーで、床には100ミリのALCを敷いて床はダイレクトフロアなんですが、オーディオをやられているお客様に聞いてみると、まだ足らないとの声を聞くので床材の下に補強版を敷こうかと思っているんですが、結局ボード敷かないとだめなんでしょうね。
    とりあえず、将来万が一、TAD-R1を買っても大丈夫なように補強はしておこうとは思っています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●外形寸法:500W×55H×450Dmm ●質量:9kg