ぶ~。
ぶ~。
皆さんはじめまして!! ピュアオーディオをメインにホームシアターもやっているぶ~。と言います。 オーディオ歴はもうすぐ20年というところですが…まだまだウンチク好きな青二才です。 そろそろ落ち着…

マイルーム

とりあえずMy Room
とりあえずMy Room
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
いろいろやりたいのは山々ですが、所詮はマンションの一室… いずれ引っ越すことを考えつつ、いまはできる範囲でごそごそと…という感じでしょうか。 部屋の形は縦長のシューボックスに近い感じ、広さはお…
所有製品
  • その他ケーブル
    OYAIDE HPC-LS
  • ヘッドホンアンプ
    FiiO E6
  • ヘッドホン
    VICTOR HP-FX500
  • ヘッドホン
    AUDIO-TECHNICA ATH-CK100
  • その他アクセサリー

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入りユーザー

レビュー/コメント

icon uDAC
NU FORCE
icon uDAC(icon)
¥13,650(税込)
発売:2010年1月20日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ちっちゃいけど音は最高!!でも使いこなしが難しい『赤いじゃじゃ馬』

オーディオアクセサリー136号にも試聴記事(P92)が載りましたので、ご存じの方も多いと思います。
まず言っておきますが、半端なく小さいです。
何も知らない人が見ると、『箱形のおもちゃ』と勘違いされるかもしれません。
それくらい小さいです。
大体煙草の箱一箱分と同じくらいの大きさ…というと、イメージがつくでしょうか。

しかし、この小さい箱に、
・USB(B)端子
・同軸デジタル出力
・アナログライン出力
・ヘッドホン出力(ミニ)
・ボリュームつまみ(DDコンバーター⇔ヘッドホンアンプ/ライン出力切替スイッチ兼用)
がくっついているのです。
正に驚愕の集約度!!

ちなみにケースですが、つまみも含めて全てアルミダイキャスト製で、大きさの割にかなりずっしり感があります。
この機種はオーディオアクセサリー誌やPhile-Webに掲載されたredの他にBlackがカラーバリエーションとして用意されています。
ケースに使用されているアルミダイキャスト材の厚さなどは同等なのでどちらを選んでも同傾向の音色を楽しめると思いますが、redもワインレッド系の非常に落ち着いた色遣いのため、個人的にはredの方が高級感があってお勧めです。

まだこのレビューを書いている本日(2010/03/06)到着し、数時間しか鳴らしていない状況なのでエージングも何もあったものではないのですが、

・ソリッドでハイスピードな低域
・同じくハイスピードでどこまでも伸びる高域
・横方向にかなり広く表現する音場感(ボーカルの口は少し小さめな表現)

という当該機種の特色は、すぐに感じることができます。
DDコンバーターとして使用した際の感想ですが、『色づけのない素直な音色』これに尽きます。
現在DCD-SA1のデジタル入力と同軸接続していますが、音色傾向は完全にDCD-SA1に支配されています。
μDAC単体ではどうしても出なかった『低域の量感』が正にたっぷりと表現されて、なおかつ高域のスピード感は劣化することなく表現される…これは機器同士の相性も含め、かなり合格な組み合わせですね。
今は本体添付品で我慢しているUSBケーブルのアップグレードが楽しみになってしまいました(^^ゞ

但し、この機種は寝起きが悪く、電源を入れてから実力を発揮し始めるまでに1~2時間は確実にかかります。
また、初期エージングも少し長めに考えておいた方が良さそう。
いずれもこの機種から良い音を取り出すための儀式なので、我慢するしかないですね。

また、大きさのせいか、振動による影響を非常に受けやすいです。
パワードスピーカー横への設置など、完全に論外です。
本体にインシュレーターもついていないため、設置の際には小型のインシュレーターを噛ます、小型のインゴットで本体に負荷をかける、USBケーブルをオーディオグレードの高級なものに変える…あたりの対応は必須だと思います。
そういう意味では、ヘッドフォンアンプとして使用する方がこの機種の実力を発揮させやすいです。
オーディオテクニカATH-AD10をこの機種に接続し、この機種が充分暖まったところで試聴したところ、縦方向の音場感も充分、クロストークの影響も極小、頭内定位の影響も少なくて、2ランク価格ランクが上のUSB-DACと同等以上の実力を示してくれました。
ですので、UMPCにこの機種を接続し、iPodの如く屋外でヘッドフォンを使って音楽を楽しむ…みたいな使い方の方が楽しめるかもしれません

いずれにしても、素の状態では全く実力を発揮してくれない『じゃじゃ馬』。本体色に赤色を選べるところなど、まるで車のフェラーリのようですが、この機種は手塩にかけ甲斐がありそうです。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●出力端子:USB、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホン ●最大サンプリングレート:48kHz ●解像度:24bit出力 ●ダイナミックレンジ:110dB ●全高調波歪率:-95dB ●SN比:98dB以上 ●外形寸法:68W×38H×21Dmm ●カラーバリエーション:ブラックとレッド