「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
あきんば
あきんば
オーディオ関係に興味をもったのは中学生の頃にAKAIと言うメーカーの GX-R99と言うカセットデッキに一目ぼれしたのが始まりでした、高価だったのですが、アルバイトをしてお金を貯めて購入できる金額が…

マイルーム

広い部屋が欲しい
広い部屋が欲しい
持ち家(戸建) / その他 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
自分の部屋です、オーディオルームとかホームシアタールームとかそんな大それた物ではないです。 設置は妥協の産物と言うか狭い部屋で使い勝手を考えるとこれしかないと言う感じで、現状のセッティングを…
所有製品

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

レビュー/コメント

HV20
CANON
HV20(iVIS)
¥OPEN(予想実売価格129,800円前後)
発売:2007年3月上旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

今一番欲しいビデオカメラです

ハイビジョンで光学手ぶれ補正でマイク端子がある!
カタログではCD並みの高音質とうたっているビデオカメラも有りますが規格の上のスペックはそうでも実際の内蔵や純正オプションのマイクの性能が規格ほどの性能がない物が多いので市販の高性能マイクが使えるのは大きな魅力です。
HDDやメモリーカード、DVDに個人的に長期保存でテープほど信頼できない、HDDは正直壊れる物です、私のPCも過去にHDDが3回(台)壊れましたし、DVDレコーダーも速やかにDVDへコピー、ムーブ等するように進めていますし、メモリーカードもデジカメで写真データが壊れたと言う話を見(読み)ますし、追記型DVDは太陽光が当たる場所に置いておくと読み出せなくなるメディアがあるし長期保存は心配、途中から読めなくなるとその先が読めなくなることが多い気がしますし、まぁそういう場面に出会う確立はとても低いのですが、その点テープは10年以上前の物も普通に再生できるし途中でテープが痛んでドロップフレームが発生してもそのまま飛ばせば続きを再生できるし、まだまだ私の長期保存のテープメディアへの信頼は揺らがないかな、カビと再生できる機器が無くなる?と言う心配はありますが・・・。そんな訳で今一番欲しいビデオカメラがCANONのiVIS HV20です。

レスを書く

このレビューはレスが許可されていません。

【SPEC】●使用カセット:MiniDVカセット ●映像記録規格:HDV(HDV1080i)、SD(DV規格) ●カード記録メディア:miniSDメモリーカード ●撮像素子:1/2.7型 CMOSセンサー(総画素数:約296万画素) ●撮影レンズ:光学10倍レンズ、デジタル併用40倍/200倍 ●ファインダー:TFTカラー液晶ビューファインダー(0.27型約12.3万画素) ●液晶モニター:2.7型 ワイド液晶(約21万画素) ●入出力端子:HDMI端子、HDV/DV端子、AVミニ端子、コンポーネント端子(D3/D1)、USB端子、マイク端子、ヘッドホン端子 ほか ●電源:DC 7.4V(バッテリーパック)、DC 8.4V (DCIN) ●外形寸法:約88W×80H×138Dmm(グリップベルトを除く) ●質量:本体 約535g、撮影時 約615g