「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
あきんば
あきんば
オーディオ関係に興味をもったのは中学生の頃にAKAIと言うメーカーの GX-R99と言うカセットデッキに一目ぼれしたのが始まりでした、高価だったのですが、アルバイトをしてお金を貯めて購入できる金額が…

マイルーム

広い部屋が欲しい
広い部屋が欲しい
持ち家(戸建) / その他 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
自分の部屋です、オーディオルームとかホームシアタールームとかそんな大それた物ではないです。 設置は妥協の産物と言うか狭い部屋で使い勝手を考えるとこれしかないと言う感じで、現状のセッティングを…
所有製品

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

レビュー/コメント

SC-T33XG
DENON
SC-T33XG
¥26,250(税込)
発売:2004年7月上旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

十数年ぶりに購入したスピーカーです。

製品データベースに出てくる画像は33XGシリーズですが私が使用しているのはトールボーイのSC-T33XGのみです。
SC-T33XGに専用のスピーカーベースASF-T33を組み合わせて使用しています。

SONY TA-DB790が読者プレゼントで頂いたのを期にサラウンド用に購入しました、他メーカーの同クラスの製品も検討して3ヶ月ぐらいかけて選びましたが、最終的な決め手は出力音圧レベルが一緒に使用するDS-1000ZやS-55twinSDに一番近かったことです。
90年前後の(国内メーカー製)スピーカーは能率が90dB以上があたり前でしたが、今は85dB前後が主流でちょっとビックリしました、音の良し悪しにはあまり関係無いと思いますが6dB違うと音量的には2倍又は2分の1だったと思うので、出力音圧レベルは今回の製品選びで大きなウエイトを占めていました、新規で6本の組み合わせを選ぶなら気にしなかったと思いますが。
専用のスピーカーベースASF-T33を購入したのはS-55twinSDを購入した時に大失敗したのが専用のスピーカー台を購入しなかった事です、後で良いと思っているうちに入手出来なくなっていました、もう後の祭りです、メーカーも専用台やベースでチューニングしていると思うので専用オプションは早急に購入すると言うのが教訓になりベースは本体の2、3ヵ月後に購入しました、なぜ一緒じゃないかと言うと貧乏だから(笑)。

当初はエージングもかねてオーディオ用のアンプ、YAMAHA AX-2000へ繋いでいました、音出しの第一印象は「思った以上にイイ」でした、あくまで私の主観ですが、低音から高音まで欲張らずにバランスの取れた比較的柔らかい音でしょうか、かと言ってぼやけた印象ではないです。
現在は、AV用に使用しているアンプTA-DB790のサラウンド用に繋いで、部屋の長辺側の左右の真中よりやや後方に配置しています、スピーカーとスピーカーの間は視聴や生活の空間になっているので、アンプのTA-DB790のセッティングモードを利用して2ch再生にするとメインスピーカーの間にテレビを置いてから忘れていた定位と奥行き感が再現されるようになり空間の大切さを再認識しました。

ベース込みで13.4kgとセッティングを色々試行錯誤するにも楽ですし、テレビ等のスピーカーからも確実にレベルアップになると思います、最初の一歩にはお勧めの一台だと思います。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

●形式:3ウェイ・4スピーカー、バスレフ型、防磁設計(EIAJ) ●ユニット:12cmコーン型グラスファイバーウーファー×2(P.P.D.D.方式)、2.5cmソフトドーム型トゥイーター×1 、ダイレクトドライブスーパートゥイーター×1 ●インピーダンス:6Ω ●再生周波数帯域:40Hz〜90kHz ●外形寸法:170W×920H×240Dmm ●質量:12.4kg