puronimo
puronimo
ボーカル中心に聴いています AUDIO SYSTEM SACD-PLAYER   AUDIO AERO PRESTIGE SACD PLAYER IPOD TRANSPORT WAD…

マイルーム

リビング オーディオルーム
リビング オーディオルーム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リビングの半分で横型配置です。
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

レビュー/コメント

SASHA
WILSON AUDIO
SASHA
¥3,465,000(税込)
発売:2009年7月8日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

NEON GENESIS WILSON AUDIO SASHA

WILSON AUDIO SASHA 2009/7/8発売したての次世代SYSTEM系
http://www.ohbashoji.co.jp/products/wilson/wp/
ナンバーナイン改めSASHA(サーシャ) J-WEVEナビゲーターと同じ名前?
ワットからはスタート下にエンテックのウーハーが付きSYSTEM3になり5・5,1・6・7・8ときてついに名称変更
5で鳴っている音に驚き

6で容姿の変化にビックリ

7で安定感を増し

8で念願(個人的な思い)のネットグリルが改良された

シリーズ新作ごとに容積UPが図られSASHAもいきなり50mm近く横幅がUP

8でも太りすぎになったと思いましたが一段と・・・

しかし高さとデザインであまり太く感じない。

ネットワークを下部に移し上部は軽くなり、総重量は重くなる
SYSTEM8   311W×1022H×470Dmm ●質量:77kg
SASHA    360W×1120H×540Dmm ●質量:89.5kg

●上部のオデコ部分とトップサイドに面取り加工がされ上部と下部の境目には後部に向かい急角度の傾斜がつけられている

●各ユニットはサイズはあまり変わらないが上級機種から移植され細かくリファインされている。

●ネットワークを下部の上のほうに外からネジ止めされた違う素材のケースに入れられている模様

●下部の天板には試聴環境の距離、高さに合わせたセッティング表があり上部のスパイクの高さを変更する。

●今回試聴した固体認識No0015-0016番、日本への初号機か弐号機(代理店が1台キープとの噂?)

●SASHAとは娘の名前らしいがアレキサンドリアの略でもあるらしい。

ブラックボディのSASHAはネットの映像で見るよりはるか美形、ガンダムやエヴァを髣髴させる
見ても楽しめるスピーカーである。

公式試聴会は2番目との事

試聴環境
*CDプレーヤー MARK LEVINSON No512 ACケーブル JORMA LANDA

*プリアンプ GOLDMUND MIMESIS 27,3ME ACケーブル GOLDMUND L

*パワーアンプ GOLDMUND TELOS200 ACケーブル GOLDMUND L

*インターコネクトケーブル GOLDMUND LINEAL

*スピーカーケーブル CARDAS GOLDENPRESENCE

日本上陸間もないの初めて聴く音は非常にまっとうな音(キンキンの音を想像していた)
ガチガチにBODYを固めたタイプの寝起きの悪さ、金属ツイータースピーカー特有である初期にある硬さやきつさが全く感じられない。

もう普通にウーハーが稼動しているクリアーかつ伸びがある、新規搭載のチタンツィーター特性がいいのか歪やチリチリした所を感じさせない。
このユニット構成だと馴染みが出るまで各パーツの音がバラバラになりやすいがツィーター、スコーカー、ダブルウーハーとまとまりが良く全体のバランスがとてもいい。
出始めは弦や声に伸び無いと思われたがそれも時間が過ぎるほど良くなる。

SYSTEMシリーズは上下分離型3WAY4スピーカーの元祖的存在であり、またそれが呪縛のように付きまとっていたのかも知れない、一体型に近づいたSASHAは吹っ切れたのかもしれない。

多分好きな音色アンプでそこそこの物を奢れば結構で鳴らせるのではないかと思ってしまった
小音量でも明瞭で鳴らせるが適音レベルでも普通の部屋では負けてしまうかもしれない。

全ての帯域に実態感、音圧やエネルギーがあり、初期段階でこの試聴構成でこれだけ鳴れば覚醒した時が恐ろしい、正にエヴァンゲリオン初号機を思わせる。

試聴時点で聴く分にはもっと良い音がすると思われるスピーカーも沢山あるが先に可能性が見えるスピーカーは少ない。

その美しいたたずまい、造形美、カラーリング、培ってきたデーターの蓄積、ブランド力、安定感そしてなぜかプライスダウンしたスピーカーそれがNEON GENESIS WILSONAUDIO SASHA

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●ドライバーユニット:2.5cm チタントゥイーター、18cmミッドレンジ、20cmウーファー×2 ●能率:91dB (1W at 1 meter) ●周波数帯域:21〜22.5kHz(+/−3dB) ●インピーダンス:4Ω(ノミナル)最低1.8Ω@92Hz ●外形寸法:360W×1120H×540Dmm ●質量:89.5kg(1本)