がらくた愛好家
がらくた愛好家
2chステレオでの気持ちの良い再生を目指しています。 変形18畳のLDの一角を占拠するような形で、メインシステムを置いていますが、 他の部屋にもゲリラ的にサブシステムを展開するので、家族の非難を浴…

マイルーム

20080905
20080905
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
所有機の大半がPhile Webに乗っていないのが悲しい。 基本的にシステムを大きくいじらないので、 一番長く居座っているので35年ぐらいになります。 My System STUDER D…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

SONDEK LP12
LINN
SONDEK LP12
¥714,000(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

懐の深い銘機

基本的には、一度使用するカートリッジを決めたら、
もうエンドユーザーが弄る余地が無い機種ですが、
私はヴァルハラを別筐体に入れて、信号部に対して電源部を少し離すようにしています。

また、サスペンションは一度触ってしまいましたので、
いまは四苦八苦しながら調整を続けています。
振動モードの変化につれて音が変わるのが、また楽しい。
完全な本末転倒モードと言うか自爆ですね。w
事オーディオに関しては、どMかも知れません。

TD124,121と共に使っていますが、LP12含め
可能性の限界はどこにあるのか?
アナログは面白いです。

レス一覧

  1. by山田野案山子 at2009-10-12 13:53

    がらくた愛好家さん初めまして、山田野案山子と申します。
    LP12のオーナーになられたようで、おめでとうございます。
    LP12のミソは、サスペンションの調整と、内部の配線の取り回しで音が決まります。サスペンションの調整には、調整台があった方がずっとやりやすいです。調整の仕方は確かにノウハウもあるのですが、ご自分で試行錯誤をするのも趣味の内です。面倒なものほど趣味としては面白いので、答えをじっくり探して見られるのも醍醐味があります。勿論答えは1つではありませんから、これが正解というのは無いです。私は30年間、未だ試行錯誤しています。

  2. byがらくた愛好家 at2009-10-12 15:12

    山田野案山子さん、初めまして。
    レスポンスありがとうございます。

    PhileWebは昨年か一昨年頃に入会した後、暫く放置状態でした。
    最近になって、漸く色々と書いてみようかという気になり、
    PhileWebに登録されている機種で所有機種を発見しては、
    雑文を乗せています。

    そんな訳でして、LP12も最近登録しましたが、入手自体は
    昔々に、苦労して買った世代です。
    でも、山田野案山子さんよりも若造です。たぶん。(^^;;
    拙宅の機材は余り入れ替わらず、どれも古くから使っていますので、
    LP12は年季も中頃で、中堅選手の役割を担っています。

    サスペンションと内部配線処理の件、おっしゃるように、
    重要ポイントですね。
    私は、アームケーブル部分に、ある物を付けて小細工しています。

    ある物と書いたのは、丁度プレーヤーの裏側に固定してあり、
    のぞき込んでも銘柄や品名を確認しにくい位置にあるので。。。

    具体的にはDIN5PIN>短いPUケーブル>RCA雄という物です。
    PUケーブルは大変柔軟性に富んだ物で、
    サスペンションやアームボードの動きを阻害しないように出来ています。
    またRCA雄の部分はLP12のキャビネットにビス固定しています。
    記憶では英米では発売されましたが、日本国内発売の有無は不明です。
    調整台は、昔購入した物が有るのでそれを用いています。
    底板は普段から付けておりません。
    出来心で針を替えるたびに、試行錯誤しています。

    一時期、あちこちへの移動が多かったのでヴァルハラ電源やリンゴサプライは、
    大変便利に使用していましたが、どうも最初のノーマル電源が一番素直で好ましい音のような気がします。
    これはLINN全般にいえることですが、技術的に進化し、
    より新しく、よく高価なモデルほど、
    「凄い音で奏でる音楽」で聴く者を圧倒させてくれます。
    一方で初期のモデは、「素直で外連味が無く、普通に音楽が楽しい。」ように聞こえます。
    この、「普通に音楽が楽しい」というのは案顔難しくて
    細かい課題はあっても、音楽を楽しめるというのは、
    高くて遠い目標のように感じています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●駆動方式:ベルトドライブ ●駆動モーター:24種シンクロナスモーター ●ターンテーブル質量:3.75kg ●スピード偏差:<ベーシック電源>(33rpm)0.1%(電源偏差による) <バルハラ電源>(33rpm)0.03% <リンゴ電源>(33/45rpm)0.03% ●外形寸法:445W×140H×356Dmm ●質量:10kg