「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
やまちゅう
やまちゅう
オーディオ暦47年です。 約16畳強の専用オーディオルームで音楽を楽しんでいます。 現在のシステムはLINN SELEKT DSM、に パワーアンプはLINN C2200とC5100でスピーカーは…

マイルーム

専用オーディオ&シアタールーム
専用オーディオ&シアタールーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~7.1ch
オーディオ暦47年です。 約16畳強の専用オーディオルームで音楽を楽しんでいます。 現在のシステムはLINN SELEKT DSM、に パワーアンプはLINN C2200とC5100でスピーカーは…
所有製品

日記

お気に入り製品

レビュー/コメント

SCM19
ATC
SCM19
¥315,000(税込)
発売:2006年9月1日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

凄い!

現システムに繋いで思っているような音が出てくれるかとワクワクしながら
最初の音出し・・

オーディオ店で視聴したときよりも良かったのです。

分厚い音と楽器の音像がピシッと決まり、なんといってもギターやベースの
弦を弾いたときの弦の振動が見えてくるようです。 中でもライブ録音の拍手
が生々しく聞こえます。これはJBLやセレッションでは表現できなかった
ので凄く感動した。
音楽そのものを生き生きと表現し、正に楽器がそこで鳴っているかのごとく・・
ピアノはしっとりとコクがあり、ボーカルは目前で歌っているかのようです。
JBLのぼやけた低音やセレッションのソフトすぎる音質とは別格である。
私のサブスピーカーのつもりがメインスピーカーとなってしまった。

繋いだアンプLINN・C2200との相性がよいためでもあろうか。
「鳴らすのが難しいATC」のジンクスを打ち消すかのようにLINNは
鳴らしてくれている。

改めてLINNのアンプの底力をも見せてくれました。 喜・・

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:2ウェイ2スピーカー ●ユニット:25mmトゥイーター、150mmミッド/ウーファー ●再生周波数帯域:54Hz〜22kHz(-6dB) ●クロスオーバー周波数:2.8kHz ●出力音圧レベル:85dB/W/m ●インピーダンス:8Ω ●外形寸法:223W×440H×315Dmm ●質量:18.35kg