「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気にいられユーザー

レビュー/コメント

MDR-Z1000
SONY
MDR-Z1000
¥OPEN
発売:2010年11月10日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

STAX007A、CD900STとの比較

今までSTAXの404、007A、SONYのCD900STを使用していました。
CD900STは高音が強調され、シャリシャリする感じがあったのですが、Z1000は
低音から高音まで正確に再生する感じです。ドンシャリとは対極で、固有の色つけがなく、音源を正確に確認したい場合には最高に安心感があります。装着感は遮音性が高く、ノイズキャンセリングヘッドホンを装着した感じです。CD900STは、業務用で、段ボール箱に入って保証もないのですが、Z1000はちゃんとした箱に入り、コード2種類、標準プラグ変換アダプタを付属し、保証書もあります。業務用だけでなく、一般ユーザもターゲットにしていると感じます。
STAXの404は高音が原音以上にすばらしく、ずっと聞いていたくなる魅力がありますが、007Aは低音から高音までバランスがとれて、Z1000は007Aに似たように感じます。
CD900STに比べると低音が大きく聞こえるとの評判がありますが、再生音の純度があがると、低音が正確に聞こえるのではないかと思います。現在、最高の技術によるハウジング等が開発され、正確性と共に音源自体の鮮度も確認できるように思います。再生環境は電源はSINANO HSR1000R、GPC-T、ケーブルはharmonix studiomaster350、クロックはantelope trinityにkojo aray mkⅡ(特注200V入力230V出力)を使用、DAはdebbusy dacです。

レス一覧

  1. byYonechi at2011-02-21 02:33

    teyaさん、こんばんは。 m ( _ _ ) m

    Z1000の音、気になってました。よく純モニターとして
    使われているCD900STは、低音の量感が少ないので、量を
    モニタリングすることはできないなと思っていましたが、
    Z1000ではその問題も解決されているのでしょうかね?

    モニターとして使われる業務用のヘッドフォンというと、
    低音の量はラージモニターでチェックしているために、
    低音の量感が非常に抑えられていて、スモールモニターや
    ニアフィールドモニターのようなシャカシャカした音に
    聞こえる傾向があると感じていたのですが、teyaさんの
    レヴューを拝読して、Z1000を試聴したくなってきました。

  2. byteya at2012-02-19 11:22

    低音も十分、でています。

    正確な音がでているので、低音または高音が強調されるということではないとは、思います。

    モニタリング用としては、安心感があります。

    ただし、音楽を楽しむ場合は、今でもSTAXのSR404を多用しています。原音を美しく聞かせるので、正確なモニタリングではないとは思いますが、楽しめます。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●再生周波数帯域:5Hz〜80kHz ●ドライバーユニット:50mm ●最大入力:4,000mW ●コード長:3m or 1.2m ●プラグ形状:ステレオミニプラグストレート型3m/ステレオミニプラグL型1.2m ●質量(コード除く):270g ●コードタイプ:片出し、着脱式