「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
terios
terios
夢のマイホームが完成し、念願のオーディオとシアターが楽しめる環境になり、これからが、楽しみです。

マイルーム

ライブルーム
ライブルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
リビングにてオーディオとシアターの両立を目指し、注文建築で家を建てました。 こちらは120インチのスクリーンです。 向かって右側にはシアター用の機器が並びます。 向かって左側の階段下…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

レビュー/コメント

4429
JBL
4429
¥315,000(税込)
発売:2009年9月1日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

進化しています

JBLさんの4429について、製品レビューを書きたいと思います。

ひと昔前のJBLさんのモニタースピーカーは、鳴らすジャンルにより、特にジャズでは最高とレビューされていました。また、セッテイングも難しいともありましたが、私の中では、社会人になって間もない頃に聴いた4312の乾いた弾むような音色が、忘れられずに「いつかはJBLさんのモニターを所有したいと考えていました」。

でもあれから数十年、音色も変わり、良い意味では、どんなジャンルでも聴き易くなった(進化?)。悪い意味では、JBLさんの特色が、薄くなった(悪化?)。と感じています。


まずは、中高音ですが、私は、よく女性ボーカルものを聴きますが、すごくしっとりして味があります。やはりホーン効果だと思います。


次に低音ですが、こちらも30cmウーファーだけのことはあり、トールボーイ型の小口径のダブルウーファーとは、響き方が、違います。説明しにくいのですが、レスポンスとしては、小口径のダブルの方が、良いとは思いますが、30cmウーファーの強み(特色)はあります。


販売店の方が、絶対にスピーカー台は、純正が良いと言われ、JBLさんの純正スタンドも購入したのですが、正解だったと思います。砂が入っているようで凄く重いし強度があるようなので、音が締まります。また、私は、その下にフローティングボードを敷いています。これが、また私にとっては最高です。とても澄んだ低音が弾むようにはじけます。

全体的には、以前ほどJBLさんのモニターの音色からは味が薄くなりましたが、それでもまだまだ他のメーカーさんのスピーカーとは、違います。

意味が伝わりにくいかもしれませんが、締まった音がふわーと出る、矛盾していますが・・・。そんな感じです。


最後にやはりセッテイングは、大事です。結果的にはずいぶん内振りににして調整しました。また、アッテネーターの調整ももう少し追い込もうと考えています。

まだまだ実力をぜんぜん出せていないと思いますが、もっとじっくり鳴らし込んでいき、堪能したいです。私にとっては、最高です。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:3ウェイ・ブックシェルフ型 ●ユニット:300mm径アクアプラス・コーティングピュアパルプコーン・ウーファー(1200FE-8)、50mm 径アクアプラス・コーティング・ピュアチタン・ダイアフラムコンプレッションドライバー(175Nd-3)+38mm径スロート・バイラジアルホーン、19mm径ピュアチタン・ダイアフラムコンプレッションドライバー(138Nd)+10mm径スロート・バイラジアルホーン ●周波数特性::38Hz〜45kHz(-6dB) ●クロスオーバー周波数:800Hz(-18dB/oct. LP ; -6dB/oct. HP)、7kHz(-12dB/oct. LP ; -24dB/oct. HP) ●仕上げ:ウォールナット天然木突き板 セミグロス・フィニッシュ ●外形寸法:400W×635H×335Dmm ●質量:32.3kg