ソウルの汗
ソウルの汗
9畳の生活空間兼オーディオルームです R&B、ソウル、HIPHOPがメインですが、JAZZ、クラシックなども好きです☆ 自作系もコツコツしとります☆ ☆機器構成☆ ネットワークオーディ…

マイルーム

マイルームは公開されていません

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

レビュー/コメント

PM-15S2
MARANTZ
PM-15S2
¥157,500(税込)
発売:2009年6月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

マランツの魅力は薄化粧

ようやく環境も一定の落ち着きを持ちましたのでレビューします。
勿論、試聴環境によって違いはありますので参考程度にして頂ければと思います。

適度なしっとり感といいますか、リバーブがかかってるわけでは無いのですが、音が消えていく余韻を感じます。
いわゆる"徹底的なリアリティ"というタイプでは無いかもしれません。
それよりは素材を活かしつつ、薄化粧をして聴きやすさと心地よさを生み出すタイプです。

リアリティという意味ではその前に所有していたYAMAHAのAS2000のほうが上でした
ただ、ライブやJAZZ的な音源は素晴らしかったのですが、音の位置が存在しない打ち込み系の音源(今時のR&Bやクラブ・ミュージック)では逆にヒステリックになってしまい、落ち着いて聴けませんでした

15S2は解像度も分離度もそこそこありますが、そこに注力する感じではなく
音同士の繋がりを大切にして、"いい音だな”では無く"いい音楽だな"と思わせてくれます。
聞き疲れも無く、何か趣味の作業をしながらマッタリ聴くのにいいのでは無いでしょうか。

私にとって大事な黒人男性ポーカルの濃さも表現されてます。
もう少し前のソウル・ミュージックが好きな方やリッチ感を重視される場合はLUXMANNの方がいいかもしれません。

デザインや操作性は私にはそれほど重要では無かったので控えます。
少し取り留めの無いレビューになってしまいましたが、最後まで見て頂きありがとうございました。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●定格出力(20Hz〜20kHz両ch同時駆動):90W×2(8Ω)、140W×2(4Ω) ●全高調波歪率(20Hz〜20kHz両ch同時駆動、 8Ω負荷):0.05% ●周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz - 100kHz±3dB ●PHONO最大許容入力:MC→15mV、MM→150mV ●入出力端子:PHONO入力1、LINE入力3、RECORDER入力2/出力2、プリアウト1、パワーアンプダイレクト入力1 ●消費電力(8Ω負荷時):220W ●最大外形寸法(本体):440W×123H×444Dmm ●質量(本体):18.5kg