porcupine6
porcupine6

マイルーム

築50年風呂なし2DK、4畳半仕事部屋でのオーディオ・ライフ(仮)
築50年風呂なし2DK、4畳半仕事部屋でのオーディオ・ライフ(仮)
その他 / その他 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
 昨今、教育業界内における少ないパイの取り合いの中で、負け組予備校に所属していたため、また歳を経るごとに劣化していく実力のため、あえなく業務委託解消の嵐に遭う。  その後は、目黒区中目黒のマンション…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気にいられユーザー

レビュー/コメント

CAS-33
JBL
CAS-33
¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
発売:2010年11月上旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

P.C.用と割り切れば、粗は少ない良品。

 もうそろそろ生産完了なのかな。価格.comにも販売店掲載されていないしなぁ。このスピーカーの実力だったらもう少し長い期間売ってもよかったんじゃないかな。でもJBLはJembeなど他のラインのP.C.用スピーカーが好調だからいいのか。それとも、ランクアップした一品を用意していたりするかもしれない。けど、ハーマンのサイトにはまだ堂々と宣伝されているからなぁ。摩訶不思議。

 このJBL CAS-33は、机上に新たなシステムを組もうと思い、まず最初に買ったものである。このCAS-33を買った当時、まだデスクトップ・ミュージックやオーディオ、ニアフィールド・リスニングについて情報をあまり集めていなかった。よって当然のことながら、パソコン、外付けHDDに繋いで、いざiTunesを使って出した音は期待値以下の出音だなぁという印象を持ってしまった。ケーブルをBeldenの88760に総取り換えしてもみたが、期待を上回ることはなかった。

 まず、アクティヴ・スピーカーを買うのも使うのも初めてであった。スピーカー自体にアンプを載せてドライヴさせるとどうなるのか、アンプが搭載されていない向かって左側のスピーカーと一本のRCAケーブルで繋いで使うのは果たして左右のスピーカーの出音にタイムラグが生じないのか、などなどの胸をざわつかせるような疑問とともに使い始めた。

 現在住んでいるところに引っ越してから約一年半、オーディオなるものはウォークマンとヘッドフォン、イアフォンぐらいであった。だから正直スピーカーから出る音を聴くだけでも心動かされるものがあった。しかし、人間というのは愚かなもので、それで満足しておけばよいものを、「もう少し良い音を……」などと考え始めてしまったのである。以前の住まいである程度「良い音」を経験してしまっていたからかもしれない。

 ここでは詳細は置いておくが、前居ではサンスイのアンプにJBLの4311Aという組み合わせでレコード、CD、P.C.ミュージック、P.D.A.のアナログ出力からの音を愉しんでいた。そんないきさつから、いくら同じJBL製とはいえ、P.C.用であるCAS-33から出る音に過剰な期待をしてしまっていた。だが、ニュートラルな立場で評価すると、これが言うほど悪くはないのだ。もちろん「あの」JBLの音は出ないが、全体的な音質は良い。

 アクティヴ・スピーカーは積んでいるアンプの質が良くなければどうにもならない。ここで手を抜いているメーカーはたくさんある。(つづく)

 porcupine6 拝

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】 ●使用ユニット:75mm径アルミコーンウーファー、19mm径ドームトゥイーター ●周波数特性:60Hz〜20KHz ●最大入力:10W+10W ●音声入力:RCAピンステレオジャック×1、3.5mmステレオミニジャック×1 ●外形寸法:85W×181H×174Dmm ●質量:1.9kg(本体のみ)