miya
miya
あくまで音楽を聴くための手段としてオーディオを愉しみたい。 グルメ同様、評価基準は自身の感性との整合度。感性なんて十人十色。分析的な出音よりも響きが感じられて情緒的な耳当り優しい出音が好みです。 …

マイルーム

家族で愉しむリビングオーディオ
家族で愉しむリビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
肩肘張って対峙するのではなく、オーディオの奏でる音楽が生活の中に自然と溶け込む、そんなリビングオーディオを目指して2014年9月に完成した、天井高2.6m広さ20帖のリビング兼用オーディオルームです。…
所有製品

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

VIDA
AURORASOUND
VIDA
¥312,900(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

奏者の感情が素直に聴こえてくる工芸品

地元横浜のアンプビルダーであるAurorasoundのフォノイコライザーで、半導体式LCR型という非常に珍しい方式を採用しています。

木製キャビネットに収まったその外観は、ウッドパネルのPD-171Aの柔らかな雰囲気ともベストマッチ。また前面に大きく配置されたMuteボタン。ビジュアルデザインとしては野暮ったさが否めませんが、実際に使い始めてみると「針の上げ下げ時に右手でシェル、左手でMuteボタン」と、本当の意味でユーザーの使い勝手まで考えられた素晴らしいユーザビリティデザインである事に気付きました。

なお増幅には真空管ではなくトランジスタを採用し、要となるインダクタにはロールオフ用とターンオーバー用を各々左右独立とした計4個のLUNDAHL社による特注品を搭載しています。

(2019年6以降の出荷分に添付されているイルテル入ってる?的なエンブレム)

さて肝心の音質ですが、レトロな外見の印象を見事に裏切る、ある種クリアでストレートな現代的アナログサウンドです。そして帯域に依らず階調豊かで分離が良いにも関わらず、出音に一切のキツさは感じず至って自然、寧ろ懐の深い大らかさや上品さすら感じます。

特に弦楽器の奏でるメロディーには筆舌に尽くし難いものを感じます。オーディオを愉しんでいると、特に室内楽は録音とコンサートの違いを顕著に感じる事が多いのですが、このフォノイコライザーを通すとその差が大幅に縮みます。上手く表現出来ないのですが、音を再生しようとするのか、音楽を奏でようとするのか。ただ素直に楽器を通した奏者の感情が聴こえてくるか否か。楽器のようなこの作品からは、そんな拘りが音楽となって聴こえてきます。

正に工業品というより工芸品。この作品が自身の感性にマッチする方にとっては、他の製品では代え難い唯一無二のフォノイコライザーと言えるのではないでしょうか。なお予算の都合から、VIDA supremeは試聴すらしていませんし、余程の事が無い限り今後も試聴する予定はありません。VIDAで感じたこの感動が霞んでしまうのが恐ろしくて(^^;)

レス一覧

  1. byVOTTA7 at2021-09-23 22:08

    miyaさん、お久しぶり

    VIDAの後継機が出てしまいましたね(^^;

    昔TRV-EQ3SEのチューニング仕様で十分だと思っていましたがNAGRA VPSを聴いてしまいその差に愕然としました(-_-;

    モノは買えなくてもその音色の傾向、出音はある程度マネすることはできるという悪足掻きをして....(笑)

    NAGRAを聴いたおかげでスキルアップの原動力となり今はとても満足しています。

  2. bymiya at2021-09-23 22:53

    VOTTA7さん お久し振りです。

    確かに調べてみたら10/10に後継機種としてVIDA-mkⅡが発売されるんですね〜、知らなかった(^^;)
    https://www.aurorasound.jp/images/VIDAmk2新製品紹介.pdf

    製品紹介によるとインダクタの更なる厳選、後段アンプへのVIDA-Supremeと同じモジュール採用、信号経路の最適化などにより、なんとチャンネルセパレーションが2倍改善(°_°)

    カタログスペックだけでは判断できませんが、もともとお気に入りの品のアップデート版、物凄く魅力的です(≧∇≦)

    VIDAは購入後のオプション追加対応などアフターの良さも魅力の一つですが、流石にmkⅡへのアップデートはオプションとして用意されないんでしょうねぇ(T-T)

    しかし本機はまだまだ購入してから2年と少し。
    本機ですらまだまだ使いこなせていないので、もっともっと使い倒してからアップデートなり買い替えなりを考えようかなぁと( ̄^ ̄)ゞ

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●入力:MCゲイン64dB ●出力:600Ω(ラインレベル、アンバランスRCA) ●適合カートリッジ:High/40〜100Ω、Low/3〜10Ω ●MMゲイン:39dB 47kΩ ●RIAA偏差:10Hz〜20kHz(±0.25dB) ●THD+N:0.025% ●入力換算ノイズ:-138dBV(MC) ●電源電圧:AC100V 50/60Hz、最大40W ●外形寸法:114W×70H×200Dmm(電源ユニット) ●質量:約3kg(本体)、約1.4kg(電源ユニット)