MAMBO
MAMBO
オーディオ好きでスポーツ愛好家でもあります。夏はバスケ、冬はモーグル(スキー)、合間にオーディオを楽しむ二児の父親です。

マイルーム

K's オーディオ
K's オーディオ
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
昨年入居した新築マンションのリビングにAVコーナーを併設しています。音質・機能の追求とインテリアとの調和が課題です。 (リビングにナショナルのシステム収納CUBIOSを入れてリアスピーカーの置き…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

レビュー/コメント

MX-D1
YAMAHA
MX-D1
¥630,000(税込)
発売:2003年12月中旬
このモデルは生産を完了しています
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

YAMAHA MX-D1

先ずこのアンプの特徴は、デジタル方式で、薄い筐体にして
強力なパワーを誇ると言うことです。カタログスペックからも
明らかなように(700W+700W(8Ω))相当なパワーを有します。
SPのドライブ能力が極めて高いアンプです。再生音はかなり
躍動的で、表現豊かに音楽を聴かせてくれます。
詳細は、以下のHPのレビューコーナーに載っているので
そちらを参照して下さい。
AUDIO FAN
(かなり有名なHPですよね)

先の長所が挙げられる一方で
繊細感、雰囲気感、音場感といった微妙なニュアンスを細かく
伝えるのは得意ではないようです。

製品にはそれぞれ特徴があり、その特徴をメリットとして感じられる
場合に購入の判断材料となるわけですが、
この薄いスリムな筐体、シンプルなデザインにして高いドライブ能力
と躍動感は代え難い魅力だと思います。

場所をとらずにシステムを構築出来るという大きなメリットがありますが、
既に販売終了となっており、惜しまれる逸品です。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●定格出力:500W+500W ●入力端子:アナログ音声信号×2系統(アンバランス/バランス) ●入力切換スイッチ:アンバランス/バランス ●出力端子:アナログ音声信号×1系統(Speaker Out) ●消費電力:350W ●外形寸法:435W×75H×437Dmm ●質量:10.4kg